雨の調律

雨の日の植物には何故か距離を近く感じる。灰青色の風景は実に短調的で、雨音の旋律もどこか切ない。水に湿った土の匂いは臭覚にまで届いてきて、おそらく五感に触れている要素の多いことが、双方の距離に歩み寄りを感じさせているに違いない。Photo Yuji Kobayashi